画像出典元:https://www.hardoff.co.jp/liquoroff/

お酒買取り業者の中でも異彩を放っているのが「リカーオフ」です。
でも、その特徴を知ったら、きっとすぐにでも買取り依頼をしたくなるでしょう。

ここはブックオフで有名なハードオフグループのお酒買取り部門。
つまり、一般の人からの買取りのノウハウがしっかりとあるということ。
この特徴だけでも安心感がありますよね。

特徴①『売る側にメリット!3つの買取りシステムがある』

まず大きな特徴は、店頭買取りの他に、出張買取りと宅配買取りの全部で3つの買取りシステムがある点です。
好きな方法、楽な方法を選べるので、売る側にとってはメリットしかありません。

店舗は都内を中心に数店舗を展開。
愛知県にもあるので、そちらの方に住んでいる人も利用しやすいでしょう。
それ以外の地域に住んでいる人は、出張買取や宅配買取を利用してみてはどうでしょうか。

特徴②『ソムリエ・ワインアドバイザーによるお酒の査定』

持ち込んだお酒の査定をしてくれるのは、ソムリエ・ワインアドバイザー。
つまり、お酒のことを知り尽くしている人です。
専門外の人が適当に値段をつけるわけではありませんから、買い叩かれてしまうことも、知らず知らずのうちに損をしてしまうこともないでしょう。

特徴③『書籍や空き瓶も!お酒に関するグッズなら買取可能』

リカーオフの最大の特徴は、お酒にまつわるものなら基本的に何でも買い取ってくれるところです。
お酒買取りで多くの人が頭に思い浮かぶのは、高級なワインやブランデー、ウイスキーなどではないでしょうか。
確かに、これらを中心に買い取っている業者がほとんどで、それ以外は全くと言っていいほど相手にしてもらえません。

でも、リカーオフは違います。
日本酒や焼酎はもちろん、ビール、リキュールも買い取ってくれますし、さらには、お酒に関するグッズ、例えばグラスやオープナーなども買取りが可能なんです。

さらに、高級なワインやブランデーなどが入っていた空き瓶、そしてお酒に関する書籍や雑誌なども買取り対象というから驚き。

ワインのラベルが傷んでいる、剥がれている、そんなのも関係ありません。
汚れた状態でも、それがお酒なら相談してみましょう。
きっと納得の価格をつけた上で買い取ってくれるはずです。

ビールなどは缶に入っていることもあり、保存の仕方によっては缶が凹んでしまうこともあるかもしれません。
そんな状態であっても、中身が漏れてさえいなければ買取の対象となります。
さすがにここまでお酒買取り対象を広げてくれているのはリカーオフだけではないでしょうか。

こうしたことができるのも、あらゆるものの買取りを行なっているハードオフグループが運営しているからこそです。
お酒にまつわるものを一挙に処分したいと考えている人は、リカーオフ以外の選択肢はないのかもしれません。

画像出典元:https://co-trip.jp/article/77193/